福岡県立糸島高等学校

学校案内

   ホーム  >  学校案内 [ 校長室 ]

ご挨拶 

 

4月の異動で校長として着任しました松尾隆一(まつお りゅういち)です。よろしくお願いします。

糸島高校の現在の教育活動について紹介いたします。昨年は福岡県立学校「新たな学びプロジェクト」の研究を終え、今年度はその成果を他の県立学校に広げる役割を果たしていきます。また九州大学との「M2Bシステム」による新たな授業改革の取組を続けており、教育活動の質的向上に全力を挙げているところです。生徒は明るく素直で、学校の雰囲気は大変活気があり、大学進学などの進路実績も着実に伸びております。詳しくはそれぞれのホームページをご覧ください。

 

 

 

本校は、明治35年創立以来、地域の英才が集まり切磋琢磨する学校として、116年の歴史と伝統を受け継ぐ普通科高校(全日制・定時制)です。すでに卒業生は3万人を超え、幾多の有為な人材を国内外に輩出してきました。長年にわたり、同窓会をはじめ、PTA、地域の皆様、生徒、職員がひとつになって、名門高校復活を支えていただいています。そのおかげをもちまして、現在では教育施設・設備も充実し、教育活動全般が活性化しており、進路実績の伸び率、立派に成長していく素直で元気のよい生徒、そして生徒に寄り添い、一丸となって教育に当たっている活気溢れる教職員集団など、福岡県下の高校で最も伸びている、伸ばしている高校、元気な学校と言っても過言ではありません。

部活動においても、顧問を中心に体育系・文化系どの部活動も整えられ、まじめに練習に励み、試合に臨んでいますので、着実に成果を上げています。男子バスケットボール部の1部リーグ、サッカー部の2部リーグへの昇格、特色ある部活動の一つである歴史部のポスターセッション日本一、文芸部の俳句部門での最優秀賞(平成30年度全国大会出場権獲得)などはその典型的な事例と言えるでしょう。

 

 

 平成30年度は、次の取組を重点的に行いたいと考えています。

 

1 地域・保護者・生徒とのさらなる信頼関係の構築

 地域で注目される学校になっている今こそ、様々な教育活動をとおして生徒の道徳性を高め、颯爽とした「高校生としての在るべき姿」を地域に示し、本校教育活動への信頼感を高めます。

 〇学校行事や生徒会活動の充実、地域の行事やボランティア活動への積極的参加により生徒の「自尊感情」、「自己指導能力」を育む。

 〇糸島市内の小学校、中学校との連携を強化する。

 

2 基礎学力の充実及び主体的に学ぶ態度の育成と計画的なキャリア教育の推進

 グローバル化が進むこれからの日本で必要とされる人材、そして学力とはどのようなものであるか。このことを真剣に考えた教育活動を展開しています。「有名大学に入ればよい」ということではなく、社会でどのように役立ちたいかという「志」を育て、そこから自分の進むべき進路を選択させます。

 〇アクティブ・ラーニングを取り入れた授業をとおして、生徒の主体的・協働的学びにつなげ、21世紀に求められている学力を育てる。

 〇総合的な学習の時間「糸高志学」により、糸島市の小・中学校の「いとしま学」とつなぎ、変化に対応して自ら課題を設定し、答えのない問題に「最適解」を見出し、「地球的規模で考え、足元から行動(Think Globally,Act Locally)できる」生徒を育てる。

 〇実体験を重視し、生徒の中に果敢に挑戦し乗り越えていく強い心を育てる。

 

3 教職員の資質向上と人材育成

 生徒一人ひとりに対して適切な指導を行えるように、教員の資質向上を目指し様々な研修に

取り組みます。 

〇特別支援教育に関する研修を充実させ、教師の生徒理解力を高め、生徒指導の質的向上を図り、

「いじめの未然防止」に努める。

〇高大接続に関する研修に取り組み、大学入試改革に対応した進路指導を充実させる。

 

 平成31年3月には本校正門から徒歩5分のところに新駅が完成し、「糸島高校前」と命名さ

れる予定です。本年度の中学3年生は入学時から新駅を利用することができます。この機会を利

用して、本校が第6学区の皆さんから「最も進学させたい高校」と評価されるように、全力で努

力してまいります。

 

 

 ホーム
福岡県立糸島高等学校
〒819-1139福岡県糸島市前原南2丁目21番1号
Tel:092-322-2604  Fax:092-323-6943
Copyright(C)2009 Iitoshima HIgh school. All rights reserved